ワンクリック詐欺、という言葉を知っていますか?スマホやタブレットに高額請求がきていて、よくよく見たら身に覚えのない登録料がとられている、などはワンクリック詐欺に遭っている可能性が高いです。ここではワンクリック詐偽の仕組みや対処法などについて詳しく説明していきます。詐欺に遭ったことがない人も他人事ではないので参考にしてみてくださいね。

 

ワンクリック詐偽の仕組みとは?

 

そもそもワンクリック詐欺とはどのようなものかというと、ユーザーの個人情報を掴んでいるように見せかけて、利用や登録もしていないサイトやその利用料金などを請求する詐偽のことです。ワンクリック詐欺にはいくつかの業者や手口が存在しているので、典型的なものをご紹介します。
まずアダルトサイトから請求がくるものです。アダルトサイトで動画を閲覧しようとクリックすると、ご入会ありがとうございます、や、ご登録ありがとうございます、などというメッセージが出てきて、パソコンやスマホの情報とともに請求金額や支払期日が表示されるものです。このように個人情報が漏れていると錯覚させ、また期日を表示することで支払わなければならない、という人の心理を利用した詐偽の一例です。しかし実際にはこれで個人を特定されていることはありません。
次に出会い系サイトやマッチングサイトによる請求です。ほとんどのサイトで年齢認証がありますが、年齢確認のボタンをクリックすることで非常に小さく書かれた利用規約を読んでいないと見なされ高額な登録料金を請求されるものです。そもそも年齢確認のみで個人が特定されるような登録はできないので、詐欺と思って良いでしょう。

 

別サイトの無修正マイスターにて安全な無修正アダルトを紹介してますので気になる方はどうぞ。
有料アダルト動画サイトおすすめランキング!【無修正マイスター】
登録は有料ですが、詐欺等では絶対にありませんし勝手に登録されるようなこともありませんので安心してください。

 

 

次はサイトの退会窓口による詐欺です。情報サイトなどで続きを読もうとクリックしたら登録完了、という文字とともに請求額と退会窓口の連絡先が表示されるもので、とても巧妙な手口となっています。請求がくる焦りから退会しようとする人の心理を利用し、退会しようと連絡してしまうとメールアドレスが漏れてしまうほか、窓口から個人情報を聞き出される場合が多く、これによって実際に支払い請求が来てしまうこともあるので注意が必要です。
そしてアプリ起動時に請求がくるパターンです。大抵アダルトアプリですが、ダウンロード後起動すると端末の登録が完了した旨と、請求金額が表示されるものです。請求額の他にも端末情報や支払期日の表示、期日までに支払わないと延滞料金が発生するなど様々な煽り文句が表示されます。大抵焦りや不安から連絡してしまいそうになりますが、慌てると相手の思うツボなので落ち着くことが大切です。
このようにワンクリック詐欺は人間の欲望の強いところに多く発生します。ここではアダルトや出会い系中心でしたが、最近ではゲーム攻略や芸能ゴシップなど多様化しています。

 

 

ワンクリック詐欺への対処法

 

 

ワンクリック詐欺は人の興味関心、欲望などを利用したものが多いです。では、ワンクリック詐欺に遭ってしまった、ワンクリック詐偽か判別ができない、と言う場合の対処法をご紹介します。
まず、ワンクリック詐偽かどうか判別する方法ですが、まず詐偽の典型的なものがIPアドレス、請求額、支払期日の3点が表示されている場合です。これは詐欺といって間違いありません。IPアドレスはあたかも個人情報を知っている、と思わせるものですが、実のところIPアドレスは誰でも簡単に取得できます。そのため、表示されているものが自分のものだとは限らないのです。しかし詳しくない人は情報が漏れていると勘違いしてしまい、焦ってしまうのです。また、支払期日と同時に延滞料金が発生すること、支払わないとしかるべき対応をすることなど脅迫めいた文言を書き連ねている場合も詐欺と思って良いでしょう。そもそも個人情報を入力していないのに登録完了となるのがおかしいのです。
また、請求元の情報の有無、内容でも詐欺かどうか判別できます。そもそも会社概要が載っていない場合には詐欺である可能性が極めて高く、会社の住所や連絡先が載っていてもフリーアドレスや架空である場合には詐欺業者と思って良いでしょう。法律でも会社概要を載せることは義務付けられているので、よく調べれば詐欺かどうか判別できます。
そして、もしワンクリック詐欺に遭ってしまったらどうするかというと、すべて無視することです。
支払期日や延滞料金発生、訴訟など、不安を煽るような文言が多数表示されていますが、すべて架空のものです。焦って請求元に連絡したり、付随して表示される窓口などに決して連絡してはいけません。表示が出た状態では相手には個人情報は漏れていないため、無視しておくことが一番なのです。下手に連絡してしまうとアドレスや電話番号から個人が特定されてしまい、本当に高額請求が来ることになってしまうので気を付けましょう。

 

 

ワンクリック詐欺に遭わないためには?

 

 

とはいえ、ワンクリック詐欺は数多く存在し、自分が引っ掛からないとも限りません。詐欺に遭わないためにはどうしたらよいのか、その予防法は怪しいサイトにはアクセスしない、冷静さを失わない、下手に動かない、の3点です。
まず当然ですが、怪しいサイトにむやみにアクセスしてクリックすることは避けます。特にアダルトサイトや出会い系にはワンクリック詐欺は多数潜んでいると考えて良いでしょう。アクセスしないのが一番ですが、利用するなら信用できるサイトのみにします。ソースが不明だったり、見たことも聞いたこともないようなサイト、画像などはくれぐれもクリックしないように気を付けましょう。
次に常に冷静でいることです。ワンクリック詐欺はその名の通り、1度のクリックであたかも契約が結ばれたような文言で脅してきますが、そもそも1度クリックしただけでは契約関係は成立しません。これは法律でも定められていることです。
具体的には、ユーザーに契約する意思がなかった場合や契約内容を間違えた場合、内容に不備や間違いがないか確認や訂正をするチャンスを与えない契約は成立しない、と言うことです。また、契約する前に契約内容や料金、条件などが表示されていない契約は成立しない、ということも定められています。これらのことを頭に入れておけば、例え表示が出ても冷静でいられるでしょう。
そして、表示が出ても下手に行動しないことです。ワンクリック詐欺を始め、他の詐欺行為でも無知なことにつけいって行われます。先ほども挙げたように、請求額と同時にご親切にサポート窓口の連絡先を載せている詐欺があります。無知な人はこれで助かった、とつい連絡をしてしまいますが、それでは相手の思い通りになってしまいます。無知であるがゆえに、目先の解決策に飛び付いてしまいがちですが、あくまで1度のクリックでは契約が成立せず、その契約は無効なのです。無効なものを有効にしてしまうのが、こうして下手に行動してしまうことです。
支払期日や高額請求、個人情報漏洩など、不安になりますがすべて嘘なので、1回きりのクリックでは契約は無効で高額な請求はありえない、という正しい知識を持つことがワンクリック詐欺に遭わないためには重要です。

 

 

ワンクリック詐欺に遭わないために

 

 

このようにワンクリック詐欺はちょっとしたきっかけで被害に遭ってしまうので、他人事ではありません。気の弱い人なんかは脅し文句や定型文にビックリして焦ってしまう場合がありますが、身に覚えがないなら払う必要はありません。請求が来ても無視するのが一番です。また、専門機関もあるので、もしかしたら詐欺かもしれない、と少しでも感じたら相談するのもおすすめです。

更新履歴
TOPへ